さわべ動物病院

西洋医学からホモトキシコロジーによる代替医療まで。人と動物の絆を大切に診療しています。

〒606-0047 京都市左京区上高野薩田町1-8 TEL:075-723-0002
  • ペット保険対応
  • 駐車場あり

病院案内

さわべ動物病院では、一般的な西洋医学の治療のほか、ホモトキシコロジーという代替治療を行っております。
何かご不明な点がございましたら、遠慮無くご相談ください。

ホモトキシコロジーについて

現代西洋医学以外の医療を総称して代替医療、ホリスティック療法と呼び、その中のひとつでドイツのレッケベーク博士が生み出した医学理論をホモトキシコロジーといいます。

ホモトキシコロジーの理論

人間や動物に対して有害な物質(ホモトキシン)が原因で病気が起こります。ホモトキシコロジー製剤が本来身体に備わる防御能力や自然治癒力をサポートし、時にはより引き出すことにより、この有害物質を取り除き、解毒排泄します。その結果病気は治癒し、健康を取り戻します。

ホモトキシコロジー製剤は、植物、鉱物、動物などを原材料として作られ、基本的に副作用はありません。またこの製剤は病気の症状を無理に押さえ込むことはせず、症状の根本的な原因に対して効果があります。

ホモトキシコロジーQ&A

ホモトキシコロジーとホメオパシーの違いは?

痛みをおこす物質を高度に希釈し毒性のなくしたものを、薬(レメディー)として砂糖粒に含ませて投与します。その結果痛みが抑えられます。これがホメオパシーによる治療の1例で、通常1種類のレメディーを使用します。
一方、このレメディーを複数組み合わせることにより、最大の効果が発揮されるというホモトキシコロジー製剤が研究開発されました。ホモトキシコロジー製剤は現代西洋医学と同様で、色んな症状や病気に対してそれぞれ適する治療薬があります。注射製剤、錠剤、シロップなど通常の医薬品と変わらず、医師・歯科医師・獣医師しか取り扱うことができません。

どんな病気に効果がありますか?
急性症状から慢性疾患までほとんどの病気に対応できます。初期療法や補助療法として様々な病気の治療に用いられます。猫の慢性腎不全に対する効果が有名です。
他の薬と併用できますか?
ホモトキシコロジー製剤と他の薬剤間で相互作用はありません。したがって、従来の西洋医学の治療との併用も問題ありません。
具体的な治療法の例は?
ペットの病状によって様々です。基本は数種類の注射製剤を組み合わせて治療する場合が多いですが、飲み薬でも治療できます。またデトックス療法や老化予防療法もあります。
ペットのホモトキシコロジー ご相談随時受付 お気軽にご相談ください。

診療時間

午前診:月・火・水・木・土・日/祝(※)
午後診:月・火・水・木(※)・土

午前診:9:00~12:00
午後診:18:00~20:00
※日・祝午前中、木曜午後は予約制です。(当日予約可)